静岡大学 須藤明人 情報生成学研究室の公式ホームページです。

業績

(1) 受賞

1-1. 第6回船井ベストペーパー賞, 2007

(2)著書

2-1. 石川昭, 辻本篤, 中川淳平, 安岡寛道, 税所哲郎, 前田英人, 山川義介, 須藤明人, “新製品・新事業開発の創造的マーケティング : 開発情報探索のマネジメント,” 生産性出版, 2006.

2-2. A. Ishikawa, A. Tsujimoto, J. Nakagawa, H. Yasuoka, T. Saisho, H. Maeda, G. Yamakawa, A. Sudo, “Creative Marketing for New Product and
New Business Development,” World Scientific, 2008.

2-3 鷲田祐一(編著), 須藤明人ら(分担執筆), “未来洞察のための思考法”, 勁草書房, 2016.

(3)論文誌

3-1. Akihito Sudou, Pitoyo Hartono, Ryo Saegusa, Shuji Hashimoto: Signal Reconstruction from Sampled Data Tainted by Aliasing Phenomena using Neural Network”, Journal of Signal Processing, Vol.7, No.1, pp. 5-13, 2003.

3-2. 須藤明人, 佐藤彰洋, 長谷川修, “ノイズのある環境下でオンライン学習が可能な自己増殖型ニューラルネットワークを用いた連想記憶モデル,” 情報科学技術レターズ, Vol. 7, pp. 189-192, 2007

3-3. 須藤明人, 坪山学, 張シンリ, 佐藤彰洋, 長谷川修, ”パターン情報ベースの命題論理式のための推論機の提案,“ 情報科学技術レターズ, Vol. 7, pp. 183-186, 2007.

3-4. 須藤明人, 坪山学, 張晨犁, 佐藤彰洋, 長谷川修, “自己増殖型ニューラルネットワークを用いたパターン情報ベースの推論機,” 電子情報通信学会論文誌(D), Vol. J91-D, No.6, 2008.

3-5. 須藤明人, 佐藤彰洋, 長谷川修, “自己増殖型ニューラルネットワークを用いたノイズのある環境下での追加学習が可能な連想記憶システム,” 日本神経回路学会誌, Vol.15, No.2, 2008.

3-6. Akihito Sudo, Akihiro Sato, and Osamu Hasegawa. “Associative memory for online learning in noisy environments using self-organizing incremental neural network.” Neural Networks, IEEE Transactions on 20.6 (2009): 964-972.

3-7. Furao Shen, Akihito Sudo, and Osamu Hasegawa. “An online incremental learning pattern-based reasoning system.” Neural Networks 23.1 (2010): 135-143.

3-8. Akihito Sudo, Takehiro Kashiyama, Takahiro Yabe, Hiroshi Kanasugi, Yoshihide Sekimoto, “Human Mobility Estimation Following Massive Disaster Using Filtering Approach”, Journal of Disaster Research, vol.11, no.2, pp. 217-224, 2016.

3-9. 矢部貴大, 関本義秀, 樫山武浩, 金杉洋, & 須藤明人. (2016). パーティクルフィルタを用いた災害時におけるリアルタイムな人流推定手法. 交通工学論文集, 2(2), A_19-A_27.

3-10. 須藤明人, 樫山武浩, 矢部貴大, 樋口知之, 中野慎也, 斎藤正也, & 関本義秀. (2017). 災害時におけるリアルタイムな広域人流推定のための高精度な粒子フィルタの提案. 交通工学論文集, 3(2), A_76-A_83.

3-11. Takahiro Yabe, Yoshihide Sekimoto, Akihito Sudo, and Kota Tsubouchi, “Predicting Delay of Commuting Activities Following Frequently Occurring Disasters Using Location Data from Smartphones”, Journal of Disaster Research, Vol.12 No.2, pp. 287-295, 2017.

3-12. 須藤明人・藤原直哉・徳田慶太・本田秀仁・植田一博, “意味ネットワークの経時変化で表現された計算論的なコンセプト創出モデルとその実装”, 認知科学 Vol.24 No.1 (2017).

3-13. Honda, H., Washida, Y., Sudo, A., Wajima, Y., Awata, K., & Ueda, K. The difference in foresight using the scanning method between experts and non-experts. Technological Forecasting and Social Change, 2017 (in press).

(4)国際会議

4-1. Akihito Sudou, Pitoyo Hartono, Ryo Saegusa, Shuji Hashimoto, S, “Signal Reconstruction from Sampled Data using Neural Network,” 2002 IEEE International Workshop on Neural Networks for Signal Processing (NNSP), pp. 707-715, Martigny, Valais, Switzerland, September 2002.

4-2. Akihito Sudo, Akihiro Sato, and Osamu Hasegawa, “Associative Memory for Online Incremental Learning in a Noisy Environment”, The 2007 International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN 2007), Orlando, FL, USA, August 2007.

4-3. Akihito Sudo, Manabu Tsuboyama, Chenli Zhang, Akihiro Sato, and Osamu Hasegawa, “Neural Pattern-based Reasoning System for Online Learning”, International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2007), Kitakyushu, Japan, November 2007.

4-4. Akihito Sudo, Naoya Fujiwara, Keita Tokuda, Hidehito Honda, Kazuhiro Ueda, “Autonomous Concept Invention Method to Support Innovative Service Generation using Computational Creativity Approach”, The 4th International Conference on Serviceology, Tokyo, Japan, September 2016.

4-5. Yoshihide Sekimoto, Akihito Sudo, Takehiro Kashiyama, Toshikazu Seto, Hideki Hayashi, Akinori Asahara, Hiroki Ishizuka, and Satoshi Nishiyama “Real-time people movement estimation in large disasters from several kinds of mobile phone data”, The 5th International Workshop on Pervasive Urban Applications in conjunction with UbiComp, 2016.

4-6. Takahiro Yabe , Kota Tsubouchi, Akihito Sudo, Yoshihide Sekimoto, “Estimating Evacuation Hotspots using GPS data: What happened after the large earthquakes in Kumamoto, Japan?”, The 5th International Workshop on Urban Computing 2016.

4-7. Akihito Sudo, Takehiro Kashiyama, Takahiro Yabe, Hiroshi Kanasugi, Xuan Song, Tomoyuki Higuchi, Shin’Ya Nakano, Masaya Saito and Yoshihide Sekimoto, “Particle Filter for Real-time Human Mobility Prediction following Unprecedented Disaster”, ACM SIGSPATIAL, 2016 (full paper) (accepted).

4-8. Takahiro Yabe, Kota Tsubouchi, Akihito Sudo and Yoshihide Sekimoto, “A Framework for Evacuation Hotspot Detection after Large Scale Disasters using Location Data from Smartphones: Case Study of Kumamoto Earthquake”, ACM SIGSPATIAL, 2016 (full paper).

4-9. Takahiro Yabe, Kota Tsubouchi, Yoshihide Sekimoto and Akihito Sudo, “Predicting Irregular Individual Movement following Frequent Mid-Level Disasters using Location Data from Smartphones”, ACM SIGSPATIAL, 2016 (short paper) .

(5)国内口頭発表

5-1. 須藤明人, 橋本周司, “ニューラルネットワークを用いた標本化信号からの原信号の復元”, 電子情報通信学会総合大会論文集, p.174, 2002

5-2. 須藤明人, ピトヨハルトノ, 橋本周司, “ニューラルネットワークを用いた不等間隔標本化信号の内挿”, 電子情報通信学会総合大会論文集, p.108, 2003

5-3. 前田紘弥, 樫山武浩, 須藤明人, 藤原直哉, 関本義秀, “異種の携帯データを用いた雨季・乾季の行動の国際比較”, GIS学会総合大会, 2015.

5-4. 須藤明人, 樫山武浩, 矢部貴大, 関本義秀, “携帯電話データによる災害時のリアルタイムな人の分布の推定のための ナッジング項を持つパーティクルフィルタの提案”, 交通工学研究会, 2015.

5-5. 矢部貴大,関本義秀,樫山武浩,金杉洋,須藤明人, “パーティクルフィルタを用いた災害時におけるリアルタイムな人流推定手法”, 交通工学研究会, 2015.

5-6. 本田秀仁・鷲田祐一・須藤明人・粟田恵吾・植田一博. 未来に関するアイデア生成のエキスパートとノンエキスパートは何が違うのか?: 認知プロセスの分析. 知識共創, 5, Ⅱ2-1-Ⅱ2-9, 2015.

5-7. 須藤明人、鷲田祐一、本田秀仁、和嶋雄一郎、粟田恵吾、植田一博, “文書の多様性指標の提案とオンラインニュース記事の分析”, 第8回webインテリジェンスとインタラクション研究会, 2016.

5-8. 須藤明人・藤原直哉・徳田慶太・本田秀仁・植田一博, “ウェブ文書と機械学習で新しい商品コンセプトを生み出す創造的な人工知能に関する一検討”, 第7回ソーシャルコンピューティングシンポジウム, pp. 25-28, 2016.
発表資料

5-9. 古澤京,須藤明人,関本義秀,足立龍太郎, “携帯GPSデータを用いたスパースモデリングによるリアルタイムな人の行動予測”, 交通工学研究会, 2016.

5-10. 須藤明人, 樫山武浩, 矢部貴大, 樋口知之, 中野慎也, 斎藤正也, 関本義秀 , “リアルタイムな広域人流推定のための高速で高精度な粒子フィルタの提案”, 交通工学研究会, 2016.

5-11. 須藤明人, 樋口知之, 中野慎也, 斎藤正也, 矢部貴大, 関本義秀. “非線形埋込み型特徴量選択のための単結合ニューラルネットワークの提案”. 電子情報通信学会技術研究報告 (第25回情報論的学習理論と機械学習研究会), vol.116, no. 121, pp.127-131, 2016.

(6)特許

6-1. 標本化信号生成装置及び標本化信号再生装置並びにその方法, 特開 2003- 218806, 2003.

6-2. 連想記憶装置、連想記憶方法、及びプログラム, 特開 2008-299644, 2008.

6-3. 推論装置、推論方法、及びプログラム, 特開 2008-305129, 2008.

6-4. ”アクセス管理装置”, PCT/JP2012/063955, 2012.

6-4. 情報処理システム、情報処理装置、その制御方法、及び制御プログラム, 特 開 2015-130136, 2014

6-5. 推定装置、推定方法及びプログラム, 整理番号T0529AHP06, 2015

6-6. 情報処理装置、情報処理方法及びプログラム, 特願2016-234794, 2016

(7)学位論文

7-1. ニューラルネットワークを用いた 標本化信号からの原信号の復元(2002年3月 早稲田大学卒業論文)

7-2. ニューラルネットワークを用いた不等間隔標本化信号の内挿(2005年9月 早稲田大学修士論文)

7-3. 自己増殖型ニューラルネットを用いたパターンベース推論機構に関する研究(2008年3月 東京工業大学博士論文)

News

M1渡辺星がWiNF2019において優秀賞を受賞しました。

須藤研究室M1の渡辺星がWiNF2019において優秀賞を受賞しました。 受賞した研究テーマは以下の通りです。お …

(株)Digikaが日本e-learning大賞を受賞しました

須藤が技術コンサルティングを行なっている(株)Digikaが、2017年の日本e-learning大賞を受賞し …

坂本孝丈さんが学生奨励賞を受賞しました。

須藤が研究を指導している静岡大学 後期博士課程の坂本孝丈さんが、以下の学会発表で学生奨励賞(Student E …

【重要】お問い合わせフォーム不具合発生のお詫びと復旧のお知らせ

平素より、須藤明人研究室ホームページをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 この度、「お問い合わせ …

須藤研究室ブログ

2019年度のオープンラボのお知らせ

須藤研究室の2019年度オープンラボを開催します. 日時: 6/24(Mon):12:45-14:15 7/4 …

須藤明人研究室です、よろしくお願いします。

みなさん、こんにちは。 研究室のサイトを作りました。

PAGETOP
Copyright © 須藤明人 情報生成学研究室 All Rights Reserved.